たしおすのモノブログ

デジタル製品のレビューやおすすめのアイテムを紹介するブログです。

Wi-Fiルーターのおすすめモデルと選び方を紹介

Wi-Fiルーターは、自宅でスマホやパソコンなどの電子機器を無線でインターネットに接続できる通信機器です。通信速度が速いモデルを選ぶと、動画のストリーミング再生やアプリのダウンロードなどが快適です。
今回は、Wi-Fiルーターを選ぶときのポイントとおすすめのアイテムを紹介します。気になる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

Wi-Fiルーターの選び方

ここでは、Wi-Fiルーターを選ぶ際にチェックして欲しいポイントを絞って紹介します。最近のWi-Fiルーターは機能が豊富で迷ってしまいそうな方は、ここで紹介するポイントをチェックすると失敗を減らせると思います。

 

通信規格

Wi-Fiの通信速度は、パッケージや商品の詳細に記載されている通信規格をチェックしましょう。Wi-Fiの通信規格は「Wi-Fi 6」のように表示しています。末尾の数字が大きなモデルほど新しく通信速度が速いWi-Fiルーターです。下位互換があるため、Wi-Fi 6対応モデルがあればWi-Fi 5対応モデルとの通信もできます。
通信速度は、Wi-Fi6なら最大で9.6Gbps、Wi-Fi5(11ac)で最大6.9Gbps、Wi-Fi4(11n)で最大600Mbpsの通信が可能。最高速度が早い規格に対応した製品の組み合わせで使用することで、動画や音楽のストリーミング再生、ネットサーフィン、オンラインゲームの環境を快適にすることができます。

 

IPv6(IPoE)対応

IPv6とはインターネットに接続しているPCやスマホなどのデバイスの通信方法を定めた規格の一つです。従来はIPv4を使用していましたが、IPアドレスが足りなくなるので新たに注目されているのがIPv6です。IPアドレスの数が増えて、昼間や夜間など通信が集中しやすい時間に速度低下がしにくく快適です。
なお、実際にIPv6の通信をするには、プロバイダーやコンテンツの配信者が対応してる事が必要。契約内容やオプションで利用できるか確認しましょう。

 

メッシュWi-Fi

自宅のWi-Fi通信エリアを広げたい時に便利なのが「メッシュWi-Fi」です。従来の中継機で拡張するとエリアごとに接続先の「SSID」を切り替える必要があります。メッシュWi-Fiは、最寄りの親機と子機を自動で切り替えてくれるので、常に良好な電波を受信できます。
設置の目安は3LDK以上の間取りにおすすめ。筆者としては、親機との間に壁が2枚以上ある場合や、電波を吸収しやすい土壁、電波を通しにくい鉄筋の住宅などは導入を検討しても良いと考えます。

 

 

 

Wi-Fiルーターのおすすめモデル

BUFFALO WSR-2533DHP3

BUFFALO WSR-1166DHP4

BUFFALO AirStation connect WTR-M2133HS

BUFFALO WMR-433W2

BUFFALO WXR-2533DHP2

BUFFALO AirStation connect WTR-M2133HS/E2S

 

ELECOM WRC-2533GS2-B

ELECOM WMC-2HC-W

ASUS GT-AX11000

ASUS TUF-AX3000

アイ・オー・データ WN-DX1167GREX

アイ・オー・データ WN-CS300FR

アイ・オー・データ WN-TX4266GR

LYNKSYS VELOP WHW0302-JP

 

NEC Aterm PA-WX6000HP

ネットギア RAX40-100JPS

google Google Nest Wifi GA00822-JP