たしおすのモノブログ

デジタル製品のレビューやおすすめのアイテムを紹介するブログです。

PCモニターのおすすめモデル 選ぶときのポイントも紹介

PCモニターは、テレワークやeスポーツで人気が高まっている映像機器です。パソコン画面の表示領域を拡張したり、ゲームを有利に進めることができます。作業環境やゲーム環境を改善したい方は、買い替えや新規購入を検討してみてください。今回は、PCモニターを選ぶときのポイントやおすすめの商品を紹介します。気になる方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

PCモニターの選び方

1.画面サイズと形状

PCモニターは設置するデスクやスペースに合わせて最適なサイズを選びましょう。特に人気が高いサイズは24〜27インチ。価格や性能のバランスがよく、選択肢が広いことが特徴です。価格を重視するなら21インチクラス、迫力のある映像や画面サイズの大きさを重視するなら32インチ以上がおすすめ。予算や使い道に合わせて選びましょう。また、画面が横に長いウルトラワイドと呼ばれるモデルがあり、同時に複数のウインドウを開く方や、ゲーム中に広範囲のエリアを表示したい方にもおすすめです。

 

2.解像度

解像度は、画面が表示できる領域を示しています。同じ画面サイズでも解像度が高いモニターの方が、より多くの情報を1画面で表示することができます。一方で、画面サイズが小さいモデルで、高解像度表示すると文字やアイコンが小さく表示されるので注意しましょう。PCモニターの解像度はフルHD(1980×1080)のモデルが一般的です。画面サイズが27インチ以上になると、4K(3840×2160)やWQHD(2560×1440)などの解像度を有するモデルがあり選択肢が広がります。

 

3.パネルの種類

PCモニターは、パネルの種類によって表現できる色、コントラスト、反応速度に違いがあります。パネルの特徴を知って、ゲームやネットサーフィンなど、用途に合わせて最適なモデルを選びましょう。写真や動画を美しい色合いで楽しみたい方は「IPSパネル」と「ADSパネル」を搭載したモノ、ゲームを有利に進めたい方は「TNパネル」を搭載したモノ、明暗の差がはっきり出るコントラストを重視したい方は「VAパネル」を搭載したものがおすすめです。

 

4.入出力端子

パソコンやゲーム機と接続する際に必要なのが、「HDMI」や「Displayポート」などの端子です。映像を出力する機器と一致していない場合は、端子の形状を変える変換アダプターを別途用意する必要があります。その他にも、USBハブ機能で端子の数を増やせるモノや、USB TYPE-Cケーブル1本で映像と電力を送ることができる「USB PD」に対応したモノなどがあります。作業環境や接続する機器に合わせて必要な端子が備わっているかあらかじめ確認しましょう。

 

 

PCモニターのおすすめモデル

I-O DATA KH220V(21.5型)

 

acer HA220QAbi(21.5型)

 

EIZO FlexScan EV2360-WT(21.5型)

 

ASUS VE248HR(24.0型)

 

iiyamaマウスコンピューター)E2483HS-B3(24.0型)

 

JAPANNEXT JN-T24165FHDR(24.0型)

 

BenQ GL2480(24.0型)

 

DELL U2415-R(24.0型)

 

I-O DATA KH270V(27.0型)

 

フィリップス 278E1A/11(27.0型)

 

AOC C27G1/11(27.0型)

 

acer KA272bmix(27.0型)

 

LG 27GL83A-B(27.0型)

 

LG 29WK600-W(29.0型)