たしおすのモノブログ

デジタル製品のレビューやおすすめのアイテムを紹介するブログです。

ゲーミングキーボードのおすすめ メカニカルでライバルと差をつけよう

ゲーミングキーボード_1

パソコンやゲーム機でFPSやTPSのオンラインゲームのプレイに便利な「ゲーミングキーボード」。キャラクターの移動やコマンドを使用する役割があります。キーの押し心地や同時認識できるキーの数で、快適なプレイができるかどうかが変わります。

今回の記事では、ゲーミングキーボードで人気の高いメカニカルタイプの選び方とおすすめ商品を紹介します。

 

ゲーミングキーボードのメカニカルタイプを選ぶ時のポイント

ゲーミングキーボード_2

1.キーボードのサイズ

ゲーミングキーボードのサイズは主に2種類あり、右側にテンキーがついている「フルサイズキーボード」と、テンキーが無い分幅が狭い「テンキーレスキーボード」があります。マウスを動かすエリアを確保したい方や、デスクの上にスペースの確保が難しい方は「テンキーレス」がおすすめです。スペースに余裕がある方やビジネスソフトなど、ゲーム意外の用途でも使いたい方は「フルサイズ」を選びましょう。

 

2.軸の種類

カニカルタイプは、軸の色に応じてキーのONを認識するアクチュエーションポイントや押下時の重さなどが異なります。キー1つずつに異なる軸を取り付けすることも可能なので、自分好みにカスタマイズできるのが特徴です。とはいえ、軸に関してはメーカー独自の軸を採用していることがあるので、細かくカスタマイズしたい方は注意しましょう。主な軸の種類と特徴は下記の通りです。

赤軸:押下圧45cN / ストローク4.0mm / 接点2.2mm

青軸:押下圧60cN / ストローク4.0mm / 接点2.2mm

茶軸:押下圧55cN / ストローク4.0mm / 接点2.0mm

黒軸:押下圧60cN / ストローク4.0mm / 接点2.0mm

シルバー軸:押下圧40cN / ストローク3.5mm / 接点1.1mm

 

3.キーの同時認識数(キーロールオーバー

激しいコマンド入力が多いFPSをプレイする方は、キーを同時に認識できる数をチェックしましょう。同時認識できる数が少ないと移動やコマンドの使用が認識されない現象が起きることがあります。確実なプレイをするためには、キーロールオーバーの多いモデルを選びましょう。

 

ゲーミングキーボードのメカニカルタイプのおすすめ

ロジクール Gシリーズ G413

ロジクール Gシリーズ G913

RAZER BLACKWIDOW

RAZER Huntsman Elite Linear Optical Switch

FILCO Majestouch Convertible2 Tenkeyless FKBC91MRL/JB2

FILCO Majestouch2 Camouflage-R

COUGER VANTAR MX PINK Gaming Keyboard

COUGER COUGAR HAGANE CGR-WM3MB-ATR

steelseries Apex Pro

steelseries APEX 7

ARCHISITE ARCHISS Maestro2S AS-KBM02/LSGBA

CORSAIR K95 RGB PLATINUM RAPIDFIRE CH-9127014-JP

CORSAIR K65 RAPIDFIRE CherryMX Speed RGB COMPACT CH-9110014-JP

センチュリー BLACK QUEEN CK-63CMB-RDJP1

OWLTECH TESORO GRAM SPECTRUM TSG11SFLWBLJP

THERMALTAKE Tt eSPORTS Neptune Elite RGB Brown Switch NEPTUNE Elite RGB KBNERTRBRJP01

ASUS ROG Strix Flare

キングストン HyperX Alloy Origins RGB HX-KB6RDX-JP

ROCCAT VULCAN 80 ROC-12-381-BN