たしおすのモノブログ

デジタル製品のレビューやおすすめのアイテムを紹介するブログです。

4K液晶テレビのおすすめモデルや選び方のポイントを紹介

リビングにあるテレビのイメージ

細部まできめ細かな映像を楽しめるのが4Kテレビです。人物の輪郭や背景のディティールなどを忠実に再現することで、迫力のある映像を体感することができます。最近は低価格帯のモデルも普及してきているので、以前と比べて購入しやすくなり、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。
今回の記事では、4Kテレビの選び方やおすすめの商品についてご紹介します。ぜひ、購入時の参考にしてみてください。

 

 

4Kテレビの選び方

テレビを視聴しているイメージ

1.画面サイズ

4Kテレビを購入するときは画面サイズをチェックしましょう。設置する部屋の間取りに合わせて最適な画面サイズの4Kテレビを選ぶことが大切です。部屋に対して大きすぎる場合は、生活導線が狭まり窮屈になってしまいます。例えば、50V型のテレビの設置に必要なスペースは、幅120×奥行き75cmほどの場所が必要となるので購入前に必ずチェックしましょう。
また、テレビのサイズ表記は一般的に「V型」と表示しています。Vは「ビジュアルサイズ」を略しており、実際に映像が映る範囲を示します。インチ表記のテレビは、フレームに隠れている部分を含めた全体のサイズを指しているので、映像が映る範囲が若干小さいので注意しましょう。

 

2.チューナー

テレビは、チューナーによって視聴や録画ができるチャンネルが変わります。チューナーは大きく分けて「地上波用」と「衛星放送用」の2種類。一般的には、「地上デジタルチューナー」と「BS/110度CSデジタルチューナー」が搭載されています。4K/8K衛星放送を視聴する際は、専用のチューナーを搭載しているモデルか、別売のチューナーが必要です。
また、チューナー数が多いモデルは、視聴中に裏番組の録画や同時に複数の番組を録画できます。例えば、チューナー数が3と表示されているテレビは、同時に3番組までの視聴と録画が可能です。録画や視聴したい番組が重なることが多い方は、チューナー数が多いモデルを選びましょう。

3.録画機能

外付けHDDを接続できるテレビは、レコーダーが無くても録画できます。容量の目安は1TBのHDDの場合、地上デジタル放送を約120時間、BS4K・110度CS4K放送を約65時間の録画が可能。普段から録画する番組が多い方は容量の大きなHDDがおすすめです。
また、一般的に外付けHDDに録画した映像は他のテレビやレコーダーに接続しても再生することや、録画することができません。フォーマットの作業が必要になるので、データをすべて削除する必要があります。ただし、「SeeQVault(シーキューボルト)」に対応したテレビとHDDの組み合わせであれば、データを削除せずにそのまま使い続けることができます。

 

4.高画質機能

テレビには、映像をより綺麗に表現するための機能を豊富に備えているモデルがあります。映像内を細かく解析して輪郭をはっきり表現したり、高色域に対応して豊かな階調表現を可能にしたり、メーカーやモデルによって機能がさまざま。より美しい映像を楽しみたい方は、映像エンジンの特徴や、HDR(ハイダイナミックレンジ)などの機能をチェックすることが大切です。

 

4K液晶テレビのおすすめモデル

SONY BRAVIA KJ-49X9500G


映像の処理能力に優れた高画質プロセッサー「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」を搭載した4K液晶テレビ。映像の解像度やノイズ量などを細かく解析し、美しく表現します。映像内の被写体を個別に検出し、質感のある高精細な映像で再現可能。高いコントラストの表現が可能な「HDRリマスター」機能で、立体感のある映像も表現できます。

ネット動画やアプリを追加して機能を増やせる「AndroidTV」やテレビの音声操作ができる「Googleアシスタント」を搭載。YouTubeの動作やNETFLIXのストリーミング動画再生などを楽しめます。無線LAN機能で、ケーブルを使わずに自宅のネットワークへの接続が可能です。

 

SHARP AQUOS 4T-C40BJ1


低予算で4Kテレビの購入を検討している方におすすめのモデル。色彩を鮮やかな発色で表現できる「リッチカラーテクノロジー」を搭載しています。サッカーやラグビーなど残像が残りやすい映像をすっきり再現する「480スピード」を搭載。色鮮やかでありながら、残像感が少ない映像が楽しめます。

地上デジタル放送用のチューナーを3基、4Kチューナーを2基搭載しています。テレビの視聴中に最大2番組まで裏番組録画が可能です。また、過去の視聴履歴を元におすすめの番組を提案してくれる「ココロビジョン」を搭載。天気予防やスケジュールなども問いかければ教えてくれるので便利です。

 

東芝 REGZA 43M540X


地上デジタル放送やテロップの文字をくっきり表現する「地デジビューティX」搭載モデル。輪郭がぼやけがちな映像もくっきり鮮明に写します。「美肌リアライザー」が、人物の肌をきめ細かく表現し、鮮やかに立体感のある映像に仕上げます。

音声の再生時に、圧縮されて失った領域の音「レグザサウンドリマスター」が復元。「VIRイコライザー」が全音域の音を補正することで、聞き取りやすい音を再現します。ニュースやドラマなど、人物の声を聞き取りやすく調整する「クリア音声」を搭載。音量が小さくても声が聞き取りやすくなります。

パナソニック VIERA TH-43GX855


映像本来の色彩を忠実に再現する「ヘキサクロマドライブ」搭載の液晶テレビです。暗いシーンで起きやすい色のズレを高精度に調整し、細かな色合いまで豊かに表現。色が飛びやすい明るい箇所もしっかり再現します。

また、テレビの音を上下左右から包み込むように表現する「Dolby Atomos(ドルビーアトモス)」を採用。30Wのパワフルなスピーカーとの組み合わせによって、迫力のある音を楽しめます。

三菱 REAL LCD-A40XS1000