たしおすのモノブログ

デジタル製品のレビューやおすすめのアイテムを紹介するブログです。

【レビュー】Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)iPhoneの設定も紹介

by.楽天モバイル
楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)は、楽天回線エリア内ではデータ容量を気にせず使える楽天モバイルの通信プランです。楽天エリア以外でもau回線を利用してインターネットを利用できます。今回は、人気の高いiPhoneSE(第2世代)と楽天アンリミットの組み合わせについて、設定方法から通信速度の快適さまでレビューします。気になるかたはぜひ参考にしてみてください。
なお、今回の組み合わせは、楽天モバイルのサポート対象外となるため、実際の利用は自己責任となるので注意しましょう。

 

楽天アンリミットとは

特徴

楽天アンリミットは、楽天モバイルが第4のキャリアとして参入する際に用意された料金プランです。仮想化ネットワークを利用し月額2980円(税別)で高速のLTE通信が利用できるのが特徴。楽天回線エリア内であれば容量無制限、パートナー回線エリアでも毎月5GBまで高速通信が利用できます。
「Rakuten Linkアプリ」をダウンロードしたAndroidスマホなら、国内通話が無料で利用可能です。海外の66の対象地域なら追加料金がかからず、毎月2GBのインターネット通信ができます。また、スマホの本体にSIMのデータを登録して通信ができる「eSIM」に対応。SIMカードスマホに挿入せず通信ができるので、複数の回線を使い分けたい方におすすめです。

 

通信エリア

楽天アンリミットが利用できる地域は、「楽天回線エリア」と「パートナーエリア」の2種類があります。楽天回線エリアは、主に大都市が中心の高速通信を毎月無制限で利用できる地域。パートナーエリアは、それ以外の通信可能な地域です。
国内のサービスエリアは、楽天モバイルのホームページ上で公開されているので、楽天アンリミットに興味がある方は事前に対象エリアを確認しましょう。

 

楽天アンリミットのサービスエリアをみる

network.mobile.rakuten.co.jp


楽天アンリミットの海外ローミング(データ通信)エリアを見る

network.mobile.rakuten.co.jp


利用できる端末

楽天アンリミットを利用する場合、通信に対応する端末が必要です。楽天アンリミットは「バンド3」に対応していますが、通信キャリアを自由に選べるSIMフリースマホでも使えない場合があるので注意が必要です。
すでに所有しているスマホが利用可能かどうかはホームページで確認しましょう。万が一対応する端末を所有していない場合は、通信回線の契約と同時に端末を購入することができます。

楽天回線対応端末を見る

network.mobile.rakuten.co.jp

 

初期費用

楽天アンリミットは新規申し込みで、事務手数料が3000円(税別)の費用がかかります。MNPや既存の回線の解約を伴う場合は、契約中のキャリアや料金などによって料金が異なるので、事前に確認しましょう。
楽天アンリミットの申込み方法楽天アンリミットの申込み方法は、インターネット申込みと店頭申込みの2種類です。インターネット申し込みの場合は、必要情報の入力、運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類の撮影とアップロードなどの作業をすることで申し込みが完了します。早ければ申し込み後2日ほどでSIMカードが郵送で届きます。
店頭で申し込みをする方は、楽天モバイルショップや受付可能な家電量販店などに直接来店しましょう。営業日や営業時間は、あらかじめホームページで確認可能。来店予約もできるので、受付をスムーズにすることができます。

 

楽天ショップを探す

network.mobile.rakuten.co.jp

 

楽天アンリミットの設定方法(iPhoneSEの場合)

  1. SIMカードの挿入

    電源を切った状態で端末にSIMカードを挿入。挿入後した後に電源を入れます。
    SIMカードは端末のカードサイズに応じて自由に切り離して使えます。

  2. 「通信のオプション」を開く

    「設定」→「モバイル通信」と順にタップすると表示されます。

  3. 「通信のオプション」の設定

  4. LTE,VoLTEオン」を選択

  5. APN設定を開く

    「モバイル通信」内の「モバイルデータ通信ネットワーク」を開く

  6. APN設定

    「モバイルデータ通信」内のAPN項目と「インターネット共有の」APN項目に「rakuten.jp」と入力する

 

 

楽天アンリミットの通信速度

自宅が、楽天回線エリア内にもかかわらず、パートナー回線(au)の電波しか拾えない状況ですがFAST.com(

https://fast.com/ja/)を利用しスピードテストを行いました。結果は、最高速度14Mbps、最低速度2.0Mbps、平均3.9Mbpsの結果が出ました。
電波が4本中2本の電波が弱いエリアで約4.0MbpsであればネットサーフィンやSNSのチェックなど軽いデータ通信なら快適に利用できます。NETFLIXYouTubeなどの動画配信サービスの視聴も問題がありませんが、再生開始直後は、低画質で再生を開始しています。
NETFLIXのように時間の経過とともに画質が向上するサービスであれば気にする必要がありませんが、手動で設定を変更する必要があるサービスは負担が増えるので注意しましょう。

 

楽天アンリミットのキャンペーン(2020/5/10時点)

楽天アンリミットは、「Rakuten UN-LIMIT 2.0」のサービス開始に伴い、300万人を対象に月額使用料2980円(税別)が1年間無料になるキャンペーンを実施しています。解約料は無料のため、使い勝手や速度に満足できない場合は、解約料がかかりません。
さらに、「Rakuten UN-LIMIT 提供キャンペーン」を実施しており、「Rakuten Link」アプリを使うと最大21300ポイント還元を受けることができます。オンライン申込みで3000ポイント、事務手数料相当の3300ポイント、対象商品の購入で最大15000ポイントを受け取れます。
それぞれの項目に関して条件があるので詳細を確認することが大切です。なお、iPhoneしか所有していない方はRakuten Linkアプリが使えないので、楽天アンリミットに対応するAndroidスマホを準備しましょう。

 

Rakuten UN-LIMIT2.0提供キャンペーンの詳細を見る

network.mobile.rakuten.co.jp

 

楽天アンリミットをiPhoneで使う際の注意点

楽天アンリミットをiPhoneで使うときは受信しているバンドによって、使える機能に制限がおきます。楽天アンリミットを使うには「バンド3」の電波を受信する必要があり、「バンド18」の電波を受信した場合はSMSが利用できないので注意しましょう。通信・通話・テザリングは動作を確認しましたが、動作保証対象外のため利用は自己責任で行いましょう。

 

実際に「RAKUTEN UN-LIMIT」を実際に消したレビューもあります。気になる方はこちらもご覧ください。

tashios.hatenablog.com