たしおすのモノブログ

デジタル製品のレビューやおすすめのアイテムを紹介するブログです。

【レビュー】ノーブルオーディオ NOB-FALCON 人気の高コスパモデルを紹介

f:id:tashios:20200707184259j:plain

Noble Audio「NOB-FALCON」は、聴覚学者・聴覚専門医のオーディオロジストであるジョン・モールトン博士による魔法のような音質チューニングが施された完全ワイヤレスイヤホンです。Noble Audioはさまざまな名誉ある賞を受賞しており、レベルの高い製品を多数開発しています。そのような実力が高いメーカーが開発した商品なので、どのようなモノかとても気になります。
今回は、実際に「NOB-FALCON」を購入したのでレビューします。

 

 

NOB-FALCONを購入した理由

普段は、使い勝手の良いAirPods Proを使用していますが、やはり音質が良いイヤホンが欲しくなり購入しています。特にオーディオ業界で”Wizerd”と呼ばれるジョン・モールトン博士のチューニングはどのような音を楽しむことができるのがという点が一番気になるポイントです。

 

 

NOB-FALCONの特徴

ドライバー部分

本製品は、採用されることが多いグラフェン・ドライバーの代わりに、のびやかな高音域の表現が楽しめる「Dual-layered Carbon Driver(D.L.C. Driver)」を採用。歪みの少ない忠実な音を再現できます。

 

対応コーデック

ドライバーやチューニング以外で音質を左右するのが「コーデック」です。本製品は、「SBC」、「AAC」、「apt X」の3種類に対応しています。iPhoneAndroidスマホであれば快適に使用することが可能です。

 

再生と充電

音楽の連続再生時間は最大約10時間、通話は最大約12時間連続で離れた相手と会話ができます。電源がオンになるたびにバッテリー残量が多い方のドライバーをメインに接続する「マスタースワップ」を搭載。片側のイヤホンだけ先にバッテリー切れが起きる心配がありません。
ケースの充電は約1.5時間、イヤホンは約1時間でフル充電が可能です。付属のUSB TYPE-Cケーブルを使用して充電できます。

 

通信

スマホやオーディオプレーヤーとの通信はBluetooth5.0に対応しています。近距離の通信速度が早く短時間で大量のデータを転送できるのが特徴。アンテナを最適に設計した「High Precision Connect Technology」で電波干渉が多い駅や交差点でも音が途切れにくく快適です。

 

 

NOB-FALCONを使ってみた感想

率直な感想は、1万円台後半で購入できるのが不思議なほど音質が良い完全ワイヤレスイヤホンです。ボーカルの声や楽器の音がこもるような事もなく、明瞭感があるサウンドを楽しめます。
音量を上げて迫力ある音を楽しむ方もいると思いますが、本製品に関しては小さな音量でもしっかり音が出ます。筆者自身の耳と相性が良いようでフィット感が高く、ノイズキャンセリング機能が不要なほど周囲の雑音が聞こえません。
一点気になるのが”スマホとのペアリングの速度”です。AirPods Proは接続が終わるまで約4秒に対して、NOB-FALCONは約8秒かかります。コンテンツの視聴中にイヤホンを使用する場合は、この4秒の差は大きいと感じます。

 

NOB-FALCONを購入するメリットとデメリット

メリット

  • 予算2万円でなるべく音が良いモノが欲しい
  • 定番メーカー以外も気になる

デメリット

  • ペアリングの速度が遅い